2018年2月26日月曜日

聖霊を求める!

不思議なものです。

心からイエス様とひとつになりたい、十字架を負いたいと願うのに、

いざ宿題はめんどくさくて、すぐイライラして、、

罪をあがなわれたイエス様を思って涙を流すのに、同じ過ちをまた犯して、、

僕ははっきりと自覚しなきゃいけません。

罪にある自分はイエス様より罪を愛してるんですね。

不信仰になるって、信じてないってこと、イエス様を信じてないのと一緒なんですよね。

そのぼくのために来たのがキリストであって、その罪を引き受け、十字架にかかり、復活されたわけです。

このかたを信じたい。そう思うけれども、罪を愛してしまう。

心では神の律法にしたがい、体は罪の律法に従っているということです。

そう思う度に十字架が思い起こされるわけです。

あぁ、このぼくのために死んだんだな。と思うのです。

だから、この方を主と告白して生きるのは、立派でもなんでもなく、もはやそうせざるを得ないし、喜んでそれぐらいしたいわけです。

でもそれは信仰生活の一部であって、本当に主を愛してるなら、みことばを実行してるはずなんです。

それが悲しいぐらいできない、してないんですね。

できないというより、してない、ですね。

自らの意思で従わないことを選んだりさえしてしまいます。

だから、どこまでも肉にある僕は罪を愛し、やがて死ぬんだなぁと思います。

そして、ぼくに住む聖霊様は神を愛し、伝道もするし、罪に生きる自分を見て悲しんでるのだろうと思います。そしてこの霊が永遠に生きるだなぁ、とそう思うわけです。

「私はキリストとともに十字架につけられました。もはや私が生きているのではなく、キリストが私のうちに生きておられるのです。
 いま私がこの世に生きているのは、私を愛し私のためにご自身をお捨てになった神の御子を信じる信仰によっているのです」

パウロもこういっている通り、キリストの霊がぼくを動かしているんです。と、同時に罪人である肉の自分も生きているんです。

しかし、何度も書きますが、そのぼくのためにキリストは死に、すでにあがないを完成されたんだなぁ、と思うわけです。

だからこそ、イエス様とひとつになりたい。

聖霊を受けなさい。とイエス様は言われましたけど、本当に受けさせてほしい。

聖霊で満たしてほしい。心からそう思う自分がいるのに、いざそう祈ろうとなると祈らず好きな人のことばっか祈る。

こんなぼくなんです。

でももうイエス様にすがるしか無いのはわかりましたから、聖霊を求めていきたいと思います。

聖霊をうけて

不思議なものです。
心からイエス様とひとつになりたい、十字架を負いたいと願うのに、
いざ宿題はめんどくさくて、すぐイライラして、、

罪をあがなわれたイエス様を思って涙を流すのに、同じ過ちをまた犯して、、

僕ははっきりと自覚しなきゃいけません。

罪にある自分はイエス様より罪を愛してるんですね。

不信仰になるって、信じてないってこと、イエス様を信じてないのと一緒なんですよね。

そのぼくのために来たのがキリストであって、その罪を引き受け、十字架にかかり、復活されたわけです。

このかたを信じたい。そう思うけれども、罪を愛してしまう。

心では神の律法にしたがい、体は罪の律法に従っているということです。

そう思う度に十字架が思い起こされるわけです。

あぁ、このぼくのために死んだんだな。と思うのです。

だから、この方を主と告白して生きるのは、立派でもなんでもなく、もはやそうせざるを得ないし、喜んでそれぐらいしたいわけです。

でもそれは信仰生活の一部であって、本当に主を愛してるなら、みことばを実行してるはずなんです。

それが悲しいぐらいできない、してないんですね。

できないというより、してない、ですね。

自らの意思で従わないことを選んだりさえしてしまいます。

だから、どこまでも肉にある僕は罪を愛し、やがて死ぬんだなぁと思います。

そして、ぼくに住む聖霊様は神を愛し、伝道もするし、罪に生きる自分を見て悲しんでるのだろうと思います。そしてこの霊が永遠に生きるだなぁ、とそう思うわけです。


「私はキリストとともに十字架につけられました。もはや私が生きているのではなく、キリストが私のうちに生きておられるのです。
 いま私がこの世に生きているのは、私を愛し私のためにご自身をお捨てになった神の御子を信じる信仰によっているのです」


パウロもこういっている通り、キリストの霊がぼくを動かしているんです。と、同時に罪人である肉の自分も生きているんです。

しかし、何度も書きますが、そのぼくのためにキリストは死に、すでにあがないを完成されたんだなぁ、と思うわけです。

だからこそ、イエス様とひとつになりたい。

聖霊を受けなさい。とイエス様は言われましたけど、本当に受けさせてほしい。


聖霊で満たしてほしい。心からそう思う自分がいるのに、いざそう祈ろうとなると祈らず好きな人のことばっか祈る。

こんなぼくなんです。

でももうイエス様にすがるしか無いのはわかりましたから、聖霊を求めていきたいと思います。


2018年2月25日日曜日

確信を伝える

3/31にコンサートすることになりました。

僕が企画させてもらうことになりました。

たくさんの友達を誘っているんですが、来てくれそうです。


まだなにも決まってなくて、決まりそうもなくて、早くも焦りが出て来ましたが、全体的な方向性としては前から決まってるんですよね。

まず、イエス様のことをはっきり主と告白するということです。

何かと人に受け入れてもらうために、ぼやかしてキリストを伝えているように感じることがありますが、それは一切やめてもらいます。

「人のために愛を届けるコンサート」なんてものは、世に腐るほどあるのでそんなこともしません。

ただ僕たちはイエス様の愛に出会って本当に嬉しい、これを知ってほしい。そういうスタンスで、キリストに感謝する意思表示をみんなの前でする。みたいなコンサートにしたいです。

「あなたは愛されている」と伝えるというより、「キリストの愛に出会えて私は本当に嬉しい」ということを伝える、と表現すればいいですかね。(そしてこの愛であなたは愛されていると伝たい。)

何が言いたいかというと、イエス様にたいする確信と愛を告白すること。人のためにではなく、主のためにコンサートをするということです。

だから、証もしてもらいます。

ただし、ごり押しでキリストを信じろ~!!!うぉー!!

みたいなこともしたくはないです。

なぜならそれをしたところで救われないからです。

熱意と根性で救われるならどれだけ楽でしょうかね。

だから、ここにしか救いはない、これを信じろ!!!!

というのは、まぁ、真実なんですが、そういう面を強調したくもありません。

繰り返しになりますが、「僕はキリストに出会えて本当によかった。」というのを歌にのせて神様に感謝するコンサート。そして、この喜びを知って受け入れてほしい。と伝える。

みたいな風にしたいです。

世の中にはキリスト教より論理立った哲学が山ほどありますし、キリスト教はよく理解できないことが確かにあります。

しかし、高校生たちを見てて思うのは、確信というものが無いなぁということです。

信じれるものがない。軸がない。

だから、信じるのも軸も自分自身だと言い始めるんですね。

この「確信」というのを伝えたい。

だからこそ、変に伝えよう伝えようとするのではなく、イエス様に心ら賛美している姿を見て、その確信を見てもらうのが、伝道になるのかなぁ。と思うわけです。

伝えることに比重をおくのではなく、神様にたいする心からの賛美に比重をおくということですね。

いやー、ど偉いこといったけど、なかなかぼくもボケーとしながらドラム叩いてるんですがね。

あと、まだプログラムなにも決まってないんですけどね。笑

答えはもうすでに出てる

伝道する上での悩みとか、あーでもないこーでもないと、つらつら書いていますが、結局答えはもうわかっていて、それを信じて進めないだけなんですよね。


福音を伝えるって、霊の世界での戦いだなとは思いました。
救おうとしてるイエス様VSそうさせまいとするサタン。
主はすでに勝利をとられたとありますが、イエス様は僕を通して目の前の人を救おうとしておられるわけです。

だからこそ、自分の頭や理論で話すのではなく、イエス様が働かれるように、イエス様の働き手として、伝道しないといけないわけです。それが俺にとっても祝福なんです。

そして、色々と悩むことがたくさんありますが、その悩みすべてが順繰り回って何度も同じことを悩んでは答えを見つけ悩んでは答えを見つけ、、、という感じなんですね。

結局答えはもうわかっていることなんです。

主に委ねて、信頼して自分は喜びをもって福音を伝える。
そのために祈る、聖霊に満たされるために祈る、聖書を読む。
自分のうちにみことばを蓄える。

腐るほど聞いてきたことですけど、結局これなんですね。

祈って聖書を読んで聖霊に委ねる。

自分がイエス様に生きる。

という、これだけのことなんです。

できなければ、祈ればいい。

これだけなんですよね。

一言で言えば、信じる。ということですかね。

主に信頼する。

簡単なことなんです。

それが難しいけど、だからこそ、聖霊を求ていきたいとおもいます。


2018年2月20日火曜日

一周まわって

昔からずっと思ってました。

「キリストがあなたの罪のために十字架にかかり死んでよみがえったんだ!」 

とかいう不器用な伝道の仕方はやめた方が良いと。


まっすぐ語りすぎたらある人にとってはつまずきだし、反発を食らうのは当然で、なぜそんなことをいちいちするのかと思ってました。 

伝えかたってもんがあるんだと思ってました。

だけど気づいたんですね~。

キリストの言葉をまっすぐ伝えるすばらしさです。

イエス様も、わたしは私のことを語るのではなく、父から受けることばをそのまま話すのですと言われました。

そして何よりも、

ひたすら分かりやすいように、

納得してもらえるように、

どれだけ工夫して伝えても、

得られるのは同意と納得であって、救いではないんです。

そして深層心理にはバカなことを信じてると思われたくない、いたって普通だ。ということを示そうとしている自分がいたんだと思います。

伝道って人のためではないな~と最近思います。

死ぬにしても生きるにしても、主のためだと聖書にあります。

あなたがたはすべてのことを主のためにしなさい。地上のことではなく、天のことを思ってしなさい。

こうもかいてあります。

ある程度の伝えかたの工夫ってのは必要ですけど、

ただ主に喜ばれるためにするだけですよね

2018年2月14日水曜日

基本的に戦い

基本的に伝道は戦いだと実感してます。

自分の思索との戦い。
そして周りのありとあらゆる様々な反応。
世の中の正義や価値観や倫理観。
そして、ここでは言えないようなこともね。

真実なんて誰も求めやしない。
求めるのは幸せだけですよね。
考えすぎないで、安心と幸せがあればそれでいいんです。
毎日を生きていければ、それでいいんですよね。

僕だってそういう面もあります。


ただし、高校生たちはそんなこと言うのは頭おかしい奴だと思っているし、そんな答えなんてないとか言うわけです。

興味ないんですよね。神の存在とか罪の赦しとかに。


どんどんこうやって人をさばき高慢になっていき、自分自身もイエス様から離れて自分の思索がやられていくわけです。

あなたがたはただでうけたのだから、ただで返しなさい。

聖書の言葉です。

2018年2月13日火曜日

救いへの確信

僕は必ずクラスメートが救われると信じています。

高校卒業までにと言われたら、確信できるほどではありませんが。

しかし必ず救われて教会に繋がり、一緒に礼拝をして、賛美をして、祈って、聖書を読んで、そしていつかは一緒に神様の働きをしたいな、伝道を一緒にしたいな、何て思って神様に期待してます。

ほんと、夢ですよね。

友達とこんなことができたら。

夢じゃない!現実になるんだ!

というのは、わかってます。

たんに夢に思うほど素晴らしいということです。

こういう細かい説明はなくて良いと思うのですがね。

さて、救いへの確信と言うことですが、何ヵ月か前に十字架のことを話したことがありました。本当に散々で、もう思い出すだけで発狂したくなるような感じで終わりました。

無様でしたね。ほんと死にたくなるほどです。

そして話し終わった後、席に戻って座ってがっかりしてると、しくしく涙が出るわけです。

ほんと辛かったですね~。


その時に聖書を読むとこの箇所が飛び込んできたんです!

わたしの思いは、あなたがたの思いと異なり、わたしの道は、あなたがたの道と異なるからだ。ー主の御告げー

天が地よりも高いように、わたしの道は、あなたがたの道よりも高く、私の思いは、あなたがたの思いよりも高い。

雨や雪が天から降って元に戻らず、必ず地を潤し、それに物を生えさせ、芽を出させ、種蒔くものには種を与え、食べる者にはパンを与える。

そのように、わたしの口から出るわたしのことばも、むなしく、わたしのところには帰っては来ない。必ず、わたしの望む事を成し遂げ、わたしの言い送ったことを成功させる。



この言葉には、ほんと、励まされましたね。

神様の道は本当に高いんだな。そう思います。

昔の歌集の通りです。

主よ憐れんでください、あなたとひとつになりたい。
主よ用いてください、通りよき管として。



アーメン


もう少し、宿題ガンバろうと思います。