2018年6月10日日曜日

知ることと個人的に知ること

間違えて送信したので続きから。

あーだこーだと考えた結果だろうし、自分もあーだこーだと考えるは好きです。

大人にもなれば、もう考えることは減って諦めが増えるのでしょうか??まあそれは置いといて。

でも、すごく世間(学校の人たち)に多いなぁ~と思うのは、表面上の事実だけを知って、そこから判断しているという事です。

キリストに対しては特に敏感にそれを感じます。

宗教であり、キリスト教徒は日本では少ないし、色々なイメージやレッテルもあり、ある事実に対しての伝え方がかなり偏っていて、それを鵜呑みにしていると思いますね。


まず、イエス・キリストについての周りの付属品について知るのではなく、イエス・キリスト自身を見つめてほしいし、彼自身を伝えるのが僕らクリスチャンの務めですね!

知ることと個人的に知ること

新井牧師が書いていた事で共感したことのひとつ。

知ることと個人的に知ることは決定的に違うということです。


いまの時代は腐るほど情報で溢れていて、知ろうと思えば何でも知れますし、知った気になれる。

テストなんかでも、100点取ればその教科は知っていると見なされる。

今の若い世代は悟り世代と言われて世の中を悟っていると言われていますが、あながち間違いではありません。でも、決定的な差は、「知った気でいる」ということだと思います。

というのは、例えば世界史のテストで100点とっても、神学大全を書いたのはトマスアクィナス!だとか、悪人正機を説いたのは親鸞!とか、キリストは自らを神と名のり十字架の死からパウロが贖罪説を説き、後にローマ帝国により世界規模の宗教となった!
など、たくさん知識は知っていても、

「トマスアクィナス」自身がどんな人で、「親鸞」自身がどんな人で「イエス・キリスト」自身がどんな人か、知ってる人は少ないです。

表の事実を知ることと、その人を個人的に知ることは全く違うというのです。

律法学者はキリストを知っていながら、知りませんでした。それが顕著に現れている例だと思いますね。

人それぞれ考える哲学、信じる宗教があります。頭の理論であーだこーだと考えたけっかだろ


また最近さぼってました

すいません、また最近さぼってました。

読んでくれてたかた、申し訳ないです。

いまは新井牧師の、「人生は出会いで決まる」という小冊子から、チャペルをしています。

といっても読むだけです笑


少し難しいかな~っと思いつつ、すごく個人的に感動したので、読むことにしました。

でもやってみたら、みんな予想以上に聞いてます。感謝です。

全校の前で話す機会が来るかもしれません。その時はお祈りください。!

2018年5月15日火曜日

再開

学校のチャペルは一時休止してたのですが、再開です。

お祈りください。

2018年4月23日月曜日

聖書の言葉

最近すごく聖書の言葉が語られます。

ここ二日は特にそうでした。

チャペルで話すことは、やめてはいけないと思いましたね。

週に一回でもいいので話そうと思いました。

彼らが聞いても聞かなくてもあなたはわたしの言葉を語れ。

という、エゼキエルの言葉が語られました!

とにかくエゼキエル書を通してめっちゃくちゃ語られました!

恋愛の事も福音伝道の事も。

もしあなたがわたしについてきたいと思うなら、自分を捨て、自分の十字架を負い、そしてわたしについてきなさい。

もしあなたがわたしを愛するなら、あなたはわたしの契約を守ります。

とかたられ、とにかく好きなひとの事は全部主に委ねろって、びっっくりするぐらい明確にぶん殴られるほどはっきりと語られました。

だいぶ粘ったんですが、心の中に偶像を秘める者の願いをどうして聞いてやれようか。とかたられ、それでも食い下がったら、

あなたが来たのは、わたしに願いを聞いてもらうためなのか。わたしは生きている。あなたの願いは聞かれない。

とはっきり示されました。


だから、恋愛については、もう委ねるしかないのです。これほどまでに明確に語られたので。

しかし、自分を捨てないといけないから捨てるというより、イエス様についていきたいから自分を捨てられるようになりたいですね。

そしたら、トーベンさんという聖霊の働きがすごいクリスチャンの方の動画を見て、自分も祈ったらすごく聖霊を感じて、

それゆえ、イスラエルの家よ。わたしはあなたがたをそれぞれその態度にしたがってさばく。—神である主の御告げ—悔い改めて、あなたがたのすべてのそむきの罪を振り捨てよ。不義に引き込まれることがないようにせよ。
あなたがたの犯したすべてのそむきの罪をあなたがたの中から放り出せ。こうして、新しい心と新しい霊を得よ。イスラエルの家よ。なぜ、あなたがたは死のうとするのか。
わたしは、だれが死ぬのも喜ばないからだ。—神である主の御告げ—だから、悔い改めて、生きよ。



これがはっきり語られましてねー。



それいがいの箇所もたくさんあるし、ヨハネの福音書も開けばあるのですが、ブログじゃ書ききれません。口で話します。


あ、あと、これも語られました。


あなたがたのものにならないのは、あなたがたが願わないからです。願っても受け入れられないのは、自分の快楽のために使おうとして、悪い動機で願うからです。貞操のない人たち。世を愛することは神に敵することであることがわからないのですか。


二心のある人たち、心を清くしなさい。



アーメン!!!



2018年4月22日日曜日

ディスカッション

詩ばかり載せてますね、すいません。。

最近はチャペルの形も変わってきました。

ディスカッションをするようになりました。これからは、俺主体じゃなく先生主体です。

伝道で俺が話すことはもう話しきったと思うので、今はディスカッションで神とは関係ないことをディスカッションしたりします。

18歳での成人を認めるべきか

について話し合いました。


これを読んでる人にとっては、僕に神のことをいつまでも話続けて欲しいのかもしれませんが、話すべき事はもうしたし、いつまでも口でベラベラしゃべるのではなく、実践のときですね。

そして、ディスカッションのときでも、みんなのグループの一人の意見という形で、聖書の角度から意見を発表することができます。

教卓にたって上から話すのは、一旦休みます。若いうちから人を教えてたら大概自分を教えなくなる気がしますしね。